海岸歯科オーラルケア

MENU

インプラント

IMPLANT

Implantインプラント

インプラント

本物の歯の代わりとして、現在求められる唯一の方法がインプラントです。
~ご自身の歯に近づけたい~

インプラントも最新の方法でご提供しています。歯が抜けてしまった場合に、その代用として最も安心できるのがインプラントです。インプラント治療では、残った歯への影響や負担もなく、きちんとメンテナンスすれば長く使うことができます。
インプラント指導医として後進の指導にあたっている当院院長に、おまかせください。

治療の柱としてのインプラント

どんなに気を付けていても、歯を失ってしまうことはあります。その場合、どこかの歯が失った歯の力を負担しなければならなくなります。また、義歯やブリッジ等を入れる処置をすることで、また、別の歯に負担がかかってしまいます。
インプラントは、ほかの歯に負担をかけない治療法です。自然の歯根の代わりをする人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上からセラミック製の歯冠をかぶせることで、自然の歯に近い環境を実現しています。
それにより、歯が生え揃っていたときにきわめて近い状態を再現することができるのです。

当院では、安全な手術と、定期的なメンテナンスにより、長く使えるインプラントをご提供しています。

正確な診断と治療の為にできること

CT画像

インプラント手術で最も大切なのは、あごの骨の状態、神経の位置を正確に把握することです。それにより、どこに打つか、どういう角度で打つかを正確に決定できます。

CTスキャンよる三次元映像により、骨の状態、神経の通っている位置を確認、さらに骨の質や密度を計算し、最適なインプラントを選択します。必然的に最も安全にインプラントを打つことのできる場所と角度が決まりますので、失敗なく手術することが可能です。

CTシミュレーション

CT画像

CTのデータを元に結果や神経を傷つけず安全にインプラントを埋入できる位置・深度を正確にシミュレーション可能です。

血管や神経を3次元で捉えることは、安全なインプラントに欠かせません。

サージカル(外科手術)ガイド

手作業で手術をした場合シミュレーション通りに手術できるとは限りません。
そのため、リスクのある症例の場合はシミュレーションの通りの位置・深度にインプラントを埋入するための手術ガイドを作成しておくことが可能です。
ガイドを使用することでシミュレーションの通りに正確な手術が行えます。

安全な手術環境

手術環境

  • 基本的にディスポーザブルのものを使用
  • 医療的にクリーンな環境でオペを行います
  • 滅菌済みの機器以外使用しません
  • 患者様に合わせた麻酔で痛みや不安のないオペをします
  • 不測の事態に備えAEDなど救急救命設備を備えております

※不安なことがありましたら何でもご相談ください。

噛み合わせのチェック、処置

最も重要なのが噛み合わせのチェックです。インプラントも噛み合わせの悪さや寝ているときの歯ぎしりなどで寿命が短くなる場合があります。当院では、歯ぎしりなどの癖を防止する処置をおこなうことで、インプラントの寿命を長く保ちます。

インプラント治療の後

インプラントを長持ちさせるコツは定期的なメンテナンスです。

健康な口腔内をつくるために、当院で歯周病とインプラントに力を入れています。どちらにも共通するのが、メンテナンスによって長く持たせるということです。

インプラントの場合にも、PMTCが重要になります。頻度は、通常の予防歯科同様の3ヵ月に一度です。高価なインプラントを長持ちさせるためにも、PMTCを定期的に受けましょう。

問診票ダウンロード
ネット予約24時間受付中